【リコール】三菱ふそう エアロクイーン など、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バスは3月28日、大・中型バス『エアロクィーン』『エアロスター』、UDトラックスブランドの『スペースランナーA』など計7車種のハンドコントロールバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年6月24日~2013年1月18日に製作された2430台。

駐車ブレーキを作動させるハンドコントロールバルブ内のピストンの構造が不適切なため、駐車ブレーキに作動遅れが生じ、駐車ブレーキが効かなくなって車両が動き出すおそれがある。

全車両、ハンドコントロールバルブを対策品に交換する。

不具合発生件数は3件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • 改善箇所
  • スズキ ワゴンR(2014年)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ