日産シルフィ、“終のマイカー”狙う

自動車 ビジネス 国内マーケット
日産・シルフィ
日産・シルフィ 全 6 枚 拡大写真
日産『シルフィ』と『ラティオ』は両モデルともグローバルセダンとして開発された。日本での棲み分けはどうなっているのか。

同車試乗会において、日産自動車商品企画本部日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャーの今本裕一さんは、ボディを5ナンバーサイズに収めたのがラティオだとする。さらに、「プラットフォームの共有化で価格を下げることができ、安く、軽く、燃費を特に良くしています」。そして、シルフィは、『ティアナ』とのギャップを埋めるゾーンとして、価格帯を200万から250万円に置いた。また、5ナンバーサイズのラティオがあるため、3ナンバーサイズとしても、許容できると考えられた。今本さんは、「以前はラティオもシルフィも“上質なセダン”というキーワードで重なる部分が多かったのですが、今度は明らかに違うゾーンに設定しました」

また、ユーザー層においても、大きく違うという。「プライベートユースのユーザーはシルフィ。ラティオは販売台数の半分は法人ユーザーになるでしょう」。入札用件で価格や燃費値が決まっていることがあるため、この棲み分けは重要だとする。また、プライベートユースのユーザーでも、シルフィのサイズより小さなもので、燃費が大事だとしてラティオを選ばれることもある。今本さんは、「いずれにしても、ユーザーから見てシルフィがちゃんと目に入ることが大事なのです」とし、「おそらくいま我々が狙っている、ポストファミリーや最後にクルマを買おうという人たちはシルフィを選ぶと思います。それくらいの品質が求められているのがこのクルマで、きちんと達成できています」と自信を見せた。

《内田俊一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 シルフィ 新型
  • 日産 シルフィ 新型(上海モーターショー2019)
  • 日産 シルフィ 新型(上海モーターショー2019)
  • 東風日産・花都第2工場でのシルフィ・ゼロエミッション生産
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ