メルセデスベンツ GLK、初の4気筒ガソリンエンジン設定…欧州

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツGLK
メルセデスベンツGLK 全 6 枚 拡大写真
メルセデスベンツの小型SUV、『GLKクラス』。同車に欧州で、初の4気筒ガソリンエンジン搭載車が設定された。

メルセデスベンツの発表によると、この新グレードは「GLK250 4マチック」を名乗り、欧州市場で6月に発売される予定。従来、GLKクラスのガソリンエンジンは、V型6気筒のみだった。4気筒エンジンが追加されたことで、顧客の選択肢が拡大する。

注目のエンジンは、排気量2.0リットルの直列4気筒ターボ。最大出力は211ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。スペックから判断する限り、新型『Aクラス』(日本では「A250シュポルト」)用と同じエンジンのもよう。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「7Gトロニックプラス」。GLK250 4マチックは、0-100km/h加速7.9秒、最高速215km/hのパフォーマンスを備えている。

それでいて、アイドリングストップの効果もあり、欧州複合モード燃費は13.3km/リットル、CO2排出量は176g/kmと、環境性能も良好なレベルにある。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ EQV
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツSクラス新型のAMGライン
  • メルセデスベンツのドイツ・ブレーメン工場の900万目の生産車両としてラインオフしたEQC
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ