トヨタ通期決算、営業利益は271.4%増の1兆3208億円

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車が8日発表した2013年3月期通期連結決算は、営業利益が前年同期比271.4%増の1兆3208億円と、大幅増益となった。

通期の世界販売台数は、同20.7%増の887万1000台。国内では、軽自動車を除くトヨタ・レクサスブランドの販売シェアが過去最高の48.4%を記録するなど好調に推移。海外においても、全ての地域で販売台数が増加した。売上高は同18.7%増の22兆0641億円となった。

収益面では、諸経費の増加など3000億円の減益要因があったものの、増益要因として営業面で6500億円、原価改善で4500億円、為替差益で1500億円などがあり、大幅に改善。税引前純利益は同224.3%増の1兆4036億円、最終利益は同239.3%増の9621億円となった。

今期の業績予想は、連結売上高が同6.3%増の23兆5000億円、営業利益が36.3%増の1兆8000億円、税引前純利益が同34.6%増の1兆8900億円、純利益が同42.4%増の1兆3700億円とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツ(ルマン24時間耐久レース2020会場)
  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ