【リコール】三菱 アウトランダー PHEV、i-MiEVなど3車種…電圧低下で走行不能に

自動車 ビジネス 国内マーケット
不具合箇所説明図(アウトランダー PHEV)
不具合箇所説明図(アウトランダー PHEV) 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車工業は6月4日、「アウトランダー PHEV」「i-MiEV」「MINICAB-MiEV」3車種の駆動用電池に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年7月4日~2013年3月27日に製作された4428台。

使用過程で充電中に電池セルの内部短絡が発生し、電圧が低下して走行不能となり、電池セルなどが溶損する。

全車両、駆動用電池モジュールASSYを交換するが、暫定措置として外部充電とチャージモードによる利用を控えるようユーザーに要請する。

不具合はプラグインハイブリッド車で3件発生しており、市場からの情報で発見した。

事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • car audio newcomer!  三菱 アウトランダーPHEV(オーナー:井上拓也さん) by  リクロス 前編
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 左から、アウトランダーPHEV災害支援車、特務機関NERV《ネルフ》制式 電源供給・衛星通信車両 5LA-GG3W(改)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(欧州仕様)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ