【三菱 eK 新型発売】トリプルアローズラインを実現するために、ドアノブも薄型に

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・eKカスタム
三菱・eKカスタム 全 6 枚 拡大写真
三菱『eK』は、サイドにトリプルアローズラインという3つのキャラクターラインにより、これまでの軽自動車にない立体感を演出している。

「乗用車であれば寸法にとらわれずに立体感を出すことが出来ますが、軽自動車は寸法に制限があるので、とても難しかった」と話すのは三菱自動車エンジニアリング開発技術部車両計画グループエキスパートの長井節生さん。

立体感は、キャラクターラインの凹凸を利用し、ハイライトによる演出で実現させた。その凹凸のためにはドア内側のスペースを利用することになるが、ドア内部にはサイドインパクトバーやガラス、さらにはドアノブを握るために抉られる基本面があるため、パッケージングを担当した長井さんは苦労を極めたという。

「最外側は決まっているうえに、ドア内部の構成部品も決まっています。僅かのスペースも無駄にしないように、例えばドアノブも軽専用の通常より1mm薄いものを今回のために作りました。これにより、握るための抉る面を通常よりも減らすことが出来るのです」。こういったことにより、トリプルアローズラインが可能となったのだ。

《内田俊一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト
  • 三菱 eKクロス
  • いま注目の「軽SUV」たち。左からハスラー、タフト、eKクロススペース、スペーシアギア、eKクロス
  • 取付後イメージ(写真は日産 デイズ)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV