フォードの米ポリスカー、2.0エコブースト追加…追跡業務は想定せず

自動車 ニューモデル 新型車
フォード ポリスインターセプターの2.0エコブーストの予告イメージ
フォード ポリスインターセプターの2.0エコブーストの予告イメージ 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車大手、フォードモーターが米国で警察向けに販売中の新型パトカー、フォード『ポリスインターセプター』。同車に、排気量を縮小したダウンサイジングエンジンが搭載されることが分かった。

これは、フォードモーターが明らかにしたもの。「フォード ポリスインターセプターに、2.0リットルの4気筒エンジン搭載車を追加する」と発表している。

ポリスインターセプターは、2011年に発表。『クラウンビクトリア』のポリスカー仕様の後継車で、フォード『トーラス』をベースに開発された。搭載エンジンは、フォード自慢の「エコブースト」がメイン。直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンにツインターボを組み合わせ、最大出力365ps、最大トルク48.4kgmを引き出す。

今回、フォードモーターは、このポリスインターセプターに、ダウンサイジングユニットを追加。同じエコブーストの、2.0リットル直列4気筒ターボ版を用意した。最大出力は240ps、最大トルクは37.3gm。

フォードモーターがアピールするのが、燃費の良さ。米国のEPA(環境保護局)予想高速燃費は、30マイル/ガロン(約12.75km/リットル)。同社は、「クラストップの燃費性能」と説明する。

なお、この2.0エコブースト仕様のポリスインターセプターは、追跡業務での使用は大排気量の3.5エコブースト搭載車に任せ、主に日常的なサービス業務での使用を想定しているという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV