【シンガポール航空ショー14】エアバス、シンガポール航空と共に飛行訓練センターを創設

航空 企業動向
AATCの創設を行う了解覚書にサインをしたエアバスとシンガポール航空
AATCの創設を行う了解覚書にサインをしたエアバスとシンガポール航空 全 3 枚 拡大写真
エアバスは2月12日、シンガポールにおいて飛行訓練センターを創設する為、シンガポール航空(SIA)との了解覚書にサインしたことを発表した。

この日、シンガポール航空ショーにて発表された内容は、この施設は「エアバス・アジア訓練センター(AATC)」と呼ばれ、55%がエアバスにより、そして45%がシンガポール航空によって出資されるというものである。

それぞれの株式保有の状態により、AATCに対し、当初約8000万SGD(シンガポール・ドル)の投資を行うこととなる。規定による賛同を条件として、このオペレーションは2014年の終わり前に開始される。

シンガポールセンターは当初チャンギ国際空港付近にあるSIA訓練センターで運行され、その後施設の建設が完了した時にセレター・エアロスペース・パークに移動することとなる。それはタイプ評価と反復トレーニングを『A320』、『A330』、『A340』、『A350』、『A380』航空機タイプの完全飛行シミュレーターによって提供する。

《河村兵衛》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ