ロールスロイス、英国に技術&物流センターを建設

自動車 ビジネス 企業動向
ロールスロイスが英国に建設する新たな技術&物流センター
ロールスロイスが英国に建設する新たな技術&物流センター 全 1 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ロールスロイス・モーターカーズ(以下、ロールスロイス)は9月8日、新たな技術&物流センターを英国に建設すると発表した。

この技術&物流センターは、同社の本拠地、ウェストサセックス州のグッドウッド近郊に位置。敷地面積は3万平方m。

技術&物流センターは2015年に完成する予定。およそ200名の雇用が見込まれる。本格的な稼働は、2016年の初頭となる計画。

現在、複数ある物流施設を統合し、将来の拡張にも備える。具体的には、現在、3か所に分散している機能を集約。部品倉庫、配送センター、修理工場の3機能が、技術&物流センターに統合される。

ロールスロイスのトルステン・ミュラー・エトベシュCEOは、「新たな技術&物流センターの建設計画を発表できるのは、大きな喜び。これは我々の事業の進捗と成功を反映するもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロールスロイス Dusk in Tokyo Collection
  • ロールスロイス ゴースト 新型
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型の「イルミネーテッド・フェイシア」
  • ロールスロイス・ドーン・シルバー・バレット
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ