西武池袋駅の特急ホーム改札口、1~3号車付近に集約…12月7日から

鉄道 企業動向
西武鉄道は2016年3月の完成を目指し、池袋駅のリニューアルを行うが、特急ホームの出入口新設はその一環として行われる。画像は1階改札外コンコースのイメージ。
西武鉄道は2016年3月の完成を目指し、池袋駅のリニューアルを行うが、特急ホームの出入口新設はその一環として行われる。画像は1階改札外コンコースのイメージ。 全 2 枚 拡大写真
西武鉄道は12月7日、池袋駅(東京都豊島区)のリニューアル工事の進ちょくに伴い、特急ホームの新しい出入口の使用を開始する。現在の特急専用改札口を集約し、乗降をスムーズにする。

西武の発表によると、4号車付近にある出口専用改札を閉鎖し、2号車付近に出入兼用の改札口を新設。。1号車付近にある入口専用改札口は出入兼用改札口に変更する。これにより特急ホームの改札口は1~3号車が近くなる。

池袋駅のリニューアル工事は2016年3月の完成を目指し、1階の2474平方mと地下1階の2700平方mを対象に行われており、案内カウンターや特急券・定期券売場なども全面的に改装される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ