ヤマトHD、メキシコに現地法人…自動車関連産業の物流需要を開拓

自動車 ビジネス 企業動向
メキシコシティ(資料画像)
メキシコシティ(資料画像) 全 1 枚 拡大写真
ヤマトホールディングスは、日系自動車メーカーなどの進出が加速しているメキシコに現地法人を新設したと発表した。

米国ヤマト運輸がメキシコに現地法人「メキシコヤマト運輸」を設立した。資本金は1046万ペソ(約70万ドル)。

メキシコは、南北アメリカの輸出製造拠点先として戦略的な位置を占め、自動車メーカーや自動車部品メーカーなどの製造業をはじめ、多くの日系企業が進出している。今後、北米経済と密着して発展が見込まれるメキシコでの事業展開を推進するため、現地法人を設立した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 宅配便取扱個数の推移(2019年度)
  • ヤマトホールディングスが導入する新しい制服
  • 八幡観光バスとヤマト運輸、路線バスによる客貨混載を開始
  • (イメージ)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ