JR東海の気動車、ミャンマーへ…キハ40系とキハ11形の28両

鉄道 企業動向
JR東海は気動車28両をミャンマーに譲渡する。写真は12両が譲渡されるキハ40系。
JR東海は気動車28両をミャンマーに譲渡する。写真は12両が譲渡されるキハ40系。 全 2 枚 拡大写真
JR東海は3月27日、本年度の廃車を予定していた28両の気動車を、ミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。

JR東海が今回ミャンマーに譲渡するのは、高山本線や太多線、紀勢本線、参宮線などで運用してきたキハ40系12両とキハ11形16両。譲渡契約は3月17日に締結しており、順次引き渡す。同社は2015年度の廃車を予定している約50両の気動車についても「譲渡に向けて調整を進めている」としている。

キハ40系は1977年から1982年にかけて製造された、旧国鉄の一般形気動車。JR東海に引き継がれたキハ40系は全ての車両が英国カミンズ製のエンジンに換装されている。また、キハ11形はJR化後の1988年から1999年にかけて製造されている。

ミャンマーの国鉄線は電化されておらず、近年は日本の第三セクター鉄道などで廃車になった気動車やディーゼル機関車などを購入して車両の更新を図っている。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV