【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】必要性だけじゃないクルマの楽しさを教えてくれる…諸星陽一

試乗記 国産車
トヨタ ランドクルーザー70
トヨタ ランドクルーザー70 全 8 枚 拡大写真
『ランドクルーザー』の70シリーズが6月末までの期間限定で再販売された。外回りは基本、昔のままのスタイリング。エンジンなどは現行の法規に合致したものとなっている。

クルマに乗り込むためドアハンドルに手を掛けると、その時点ですでにランクル70のクラシック感を味わうことができる。ランクル70のドアハンドルはヒンジ式と言われるタイプ。現在のトヨタ車で使われているのは『ハイエース』や『センチュリー』など一部車種のみ。現在は多くのクルマがバーハンドルを採用しているので、ランクルの四角くエッジの立ったドアハンドルは、それだけでこのクルマが現代のクルマでないことを知らせてくれる。

かなり高い位置にあるドライバーズシートに、「よっこらしょ」と乗り込む。インパネデザインはかつてのタイプとは異なるが、それでもクラシック感にあふれるものだ。搭載されるエンジンはV6DOHCの4リットル。エンジン始動後の振動は微小で、かつてのランクル好きにとってはちょっともの足りないかもしれない。

シフトレバーを操作するのは何年ぶりだろう。当然、シフトストロークは長く、モダンな雰囲気はない。クラッチをつないで、動かし始めのクルマの揺れ方、シフトアップ時のショック、コーナリング時のロール感、なにを取っても今の基準ではない。しかし、今のクルマが持っていない楽しさが確実にある。

新しいクルマで快適に移動するだけがクルマの楽しさではない。きっとラフロードに行ったなら、今のモノコックボディのクロカン4WDでは難しような走りもできてしまうはず。「これにて十分」や「これが必要」というだけで語りきれないのがクルマのよさ。そしてそれに気づき、このクルマを復活させたトヨタの心意気に最敬礼を送りたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。


《撮影 諸星陽一》

《諸星陽一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/04/15/249078.html/article/2015/04/15/249077.html/article/2015/04/15/249079.html