御嶽山の調査にも導入、墜落リスクの低い国産“8発”ドローン

航空 テクノロジー
amuse oneselfが開発した産業用の8発ドローン
amuse oneselfが開発した産業用の8発ドローン 全 5 枚 拡大写真
 幕張メッセで開催された「第1回 国際ドローン展」では、数多くのドローンが展示され、そのほとんどが4発機あるいは6発機モデルだった。しかし、国産でドローンを一から開発・設計しているamuse oneselfは、産業用の8発機を展示した。

 通常の4発機の場合、どれか1つのプロペラが故障すると、うまく飛べずに墜落するリスクを抱えている。6発機では故障しても飛べるが、やはり安定性に欠ける面がある。しかし8発機では、どこかが故障しても安全に飛べるという構造上のメリットがあるのだ。

 同社のドローンは、4方向に上下2つのプロペラが付いており、プロペラガードが着陸時に垂直に動いて肢になるユニークな構造。これは同社の特許だという。またプロペラガード&肢の部分には、走査するLED照明も取り付けられており、着陸時と離陸時で異なる速さで「流れる光」を発する仕組みだ。

 シンプルでスタイリッシュなデザインになっており、GPSやフライトコントローラー、配線などが、すべてのパーツはカバーのなかに収まっている。カメラは下部ポールのアタッチメントに取り付ける形だ。バッテリー、機体重量を含まないペイロードは約3kgほどで、40分から50分程度の連続飛行が可能だという。

 具体的な用途としては、主に災害時の調査や偵察、測量などに用いられている。すでに火山爆発した御嶽山や木曽川水域の調査などで投入された実績がある。基本的は機体と、3Dモデリングが可能な解析ソフトをセットにして販売しているそうだ。

御嶽山の調査にも導入、amuse oneselfが国産の産業用8発ドローンを展示

《井上猛雄@RBB TODAY》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  3. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  5. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  6. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  7. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  8. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
ランキングをもっと見る