クアルコム、ダイムラーAGとコネクティッドカー技術で協業

自動車 ビジネス 企業動向
クアルコムとダイムラーAGがコネクティッドカー技術で協業
クアルコムとダイムラーAGがコネクティッドカー技術で協業 全 2 枚 拡大写真
クアルコムは、5月23日のモナコで開催されたF1GPにおいて、今後のメルセデス・ベンツ車にコネクティッドカー技術を組み込むことで、ダイムラーAG社と協業することを発表した。

今回の発表は、今年3月に発表したクアルコムのメルセデスAMGペトロナスF1チームのオフィシャルテクノロジーパートナー就任に続くもの。クアルコムとダイムラー社はモバイル技術による車内環境や車輌性能強化を目指す。

具体的には、第3世代/第4世代の通信や車内に設置するクアルコムWiPower小型機器用ワイヤレス給電技術、クアルコムHalo電気自動車用ワイヤレス給電技術の開発を強化。さらに、その活用について両社で評価を行っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー
  • 米ワイトリシティのEV無線充電のイメージ
  • クアルコムのセルラーV2Xイメージ
  • 5Gの最新動向について発表するクアルコム
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV