ダッジ チャレンジャー、米国でリコール…タカタ製エアバッグ に不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
ダッジ チャレンジャー
ダッジ チャレンジャー 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)。同社がタカタ製エアバッグの不具合により、米国で追加リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が明らかにしたもの。「タカタ製エアバッグの不具合により、FCA USから追加リコールの届け出を受けた」と発表している。

今回、FCA USが追加リコールを発表したのは、2008-2010年モデルのダッジ『チャレンジャー』。タカタ製の運転席エアバッグのインフレータに不具合がある。

リコールの対象となるのは、米国で販売された8万8346台。FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、対策部品に交換するリコール作業を実施する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ダッジ バイパー 新型 予想CG
  • 米スーパーカーの誇り...ダッジ 「バイパー」、2021年に復活を計画か!?
  • アメリカンスポーツを代表する1台、ダッジバイパーが生産を終了
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/23/256175.html/article/2015/07/23/256174.html/article/2015/07/23/256176.html