【ジャガー XE 試乗】パワーも燃費もイイトコ取りの240馬力仕様…諸星陽一

試乗記 輸入車
ジャガー XE ポートフォリオ
ジャガー XE ポートフォリオ 全 7 枚 拡大写真
ジャガーの新型セダン『XE』の2リットル4気筒モデルのなかで、上位となる「ポートフォリオ」は、「ピュア」や「プレステージ」よりも20%増しの240馬力仕様エンジンが搭載される。

エクステリアまわりではデュアルエキゾーストが装備される程度で、プレステージとの差は少ない。試乗車のタイヤは225/45R18が装着されていたが、タイヤとホイールの選択肢は広く、それを元にグレード差を見いだすのは難しい。インテリアでもシートのステッチなどが異なるが、その差もわずかだ。

走り出しの感覚は200馬力仕様とあまり違いを感じないが、ちょっとアクセルペダルを強く踏み込むとその力強さを感じる。200馬力は200馬力で十分と感じたが、ジャガーというクルマのキャラクターを考えれば240馬力はありだと感じる。また登り坂などでは240馬力の恩恵は確かなもの。加速感に余裕があり、操作全体に余裕が出てきて、快適になっている。

普通、パワーを上げれば燃費が下がると思うものだが、ジャガーのこの2リットルエンジンはそこが違う。ミッションも同じなら、最終減速比も同じながら、200馬力仕様のJC08モード燃費は11.8km/リットル。対して240馬力仕様のJC08モード燃費は12.5km/リットルとなっている。燃費のよさで車両本体価格の差を埋められるわけではないが、パワーがあって燃費もいいのはうれしい部分と言える。

足まわりの動きは、200馬力仕様同様にしっかりと動きつつもよくグリップするもの。試乗車には225/45R18サイズのタイヤが装着されていたが、17インチに比べて乗り心地が損なわれていることはなかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

《諸星陽一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ V40 T3 クラシックエディション で長距離試乗
  • ボルボ V90 D4 インスクリプション
  • ボルボ V90 D4 インスクリプション。建築家の友人家族にモデルになってもらった。こういうシーンが似合う、柔和なフルサイズエステートだった。
  • マツダ3 新型 セダン(SKYACTIV-D 1.8)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/08/05/257281.html/article/2015/08/05/257280.html/article/2015/08/05/257282.html