ロールスロイス、最強オープン「ドーン」ソフトトップが見えた

自動車 ニューモデル 新型車
ロールスロイスドーン スクープ写真
ロールスロイスドーン スクープ写真 全 8 枚 拡大写真
ロールスロイス史上、最高のパフォーマンスを誇る2ドアクーペ『レイス』。実質的なそのドロップヘッド・クーペバージョンとなる『ドーン』がまもなく登場する。最新の姿をスクープしたのでお届けする。

注目のルーフ部分はこれまでハードトップでカモフラージュされていたが、今回初めてソフトトップのルーフの撮影に成功した。

ドーンの名は、1950年から1954年まで28台のみ生産された伝説の『シルヴァー ドーン コンバーチブル』から受け継いだもの。パワートレインは624psを叩き出す6.6リットルV12エンジンを搭載、0-100km/h加速を4.7秒というパフォーマンスを誇る。

ワールドプレミアは2015年フランクフルトモーターショー近くと予想され、2016年発売となる見込み。予想価格は5000万円と噂されている。

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV