【東京モーターショー15】スバル フォレスター 大幅改良モデル公開、アダプティブドライビングビームを初採用

自動車 ニューモデル モーターショー
スバル フォレスター  X-BREAK
スバル フォレスター X-BREAK 全 17 枚 拡大写真
富士重工業は、スバル フォレスターの大幅改良モデルを10月6日より専用サイトで公開、10月28日の東京モーターショー プレスデーにて正式発表する。

今回の改良では、安全性能をさらに強化。「アイサイト(ver.3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用することで、安全性能に磨きをかけた。

エクステリアは、フロントフェイスを刷新。スバルアイデンティティを強調したヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーはワイド感を表現することで、頼もしさを感じさせるデザインへ進化させた。

インテリアは、インストルメントパネルにシルバーのフレームとピアノブラック調のコンビネーション加飾パネルを採用し、質感を向上。メーターパネル中央にカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用し、アイサイトやSI-DRIVEの作動状況をはじめ、運転に必要な情報を分かりやすく表示する。

走行面では、ステアリングギヤボックスを新設計。クイックギヤにすることで、取り回しの良さを向上させるとともに、ステアリングの応答性を向上。また、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化などにより、しなやかで落ち着いた上質な乗り味を実現した。

また、快適な室内空間実現のため、ドアガラスの板厚アップやシール部品の強化、リニアトロニックの改良などを施し、走行時の静粛性を向上させた。

価格は214万9200円から312万8760円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ