ヴァレオ、独パイカー社を買収…自動運転分野でのリーダーシップ強化

自動車 ビジネス 企業動向
独パイカー社(Webサイト)
独パイカー社(Webサイト) 全 1 枚 拡大写真
ヴァレオは、車載テレマティクスとモバイル接続ソリューションの有力サプライヤーである独パイカー社の買収を発表した。

パイカーは、走行中に迅速で信頼性のあるデータ通信を可能にする自動車用の接続モジュールを供給。インターネットやナビゲーションツール、メーカー固有の支援サービスや緊急通報システムなど、車載テレマティクスの実現に貢献している。2015年度、パイカーグループは世界に約1000人の従業員を擁し、売上は約3億1000万ユーロ(約410億円)。

ヴァレオは今回の買収により、自社の車載エレクトロニクスにおけるノウハウをパイカーの専門技術と組み合わせ、車両間通信(V2V)と車両とインフラ間の通信(V2I)向けに、移動通信システム「LTE Advanced mobile(4G+)」に準拠した革新的な技術を提供。自動走行と接続性の分野でのリーダーシップの強化を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ