村上開明堂の第3四半期決算…バックミラーの売上好調、営業益10.3%増

自動車 ビジネス 企業動向
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
村上開明堂は2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は484億0700万円(前年同期比+5.5%)、営業利益は43億8500万円(+10.3%)、経常利益は46億1800万円(+0.5%)、四半期純利益は31億6100万円(-0.3%)だった。

主力の自動車用バックミラーは、国内では販売数量こそ前年並みだったものの、高付加価値商品の販売が増加。さらに海外での販売増加や円安効果もあり、売上高は5.5%の増収となった。メキシコ新会社での立上げ費用があったものの、営業利益も10.3%の増益を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒーテッドウォッシャー使用イメージ(使用前/左)
  • アウターにミラーを置かない「ミラーレスシステム」
  • 電子ミラーシステム
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ