ZF、8速デュアルクラッチ生産開始…ポルシェと共同開発

自動車 ビジネス 企業動向
8速デュアルクラッチトランスミッションの生産開始式典に出席したZFとポルシェの首脳
8速デュアルクラッチトランスミッションの生産開始式典に出席したZFとポルシェの首脳 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは6月16日、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションの生産を開始した。

この8速デュアルクラッチトランスミッションは、ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェと共同開発されたもの。ZFは市販車に関して、ポルシェと協力している。

また、「ポルシェ・モービル1 スーパーカップ」や多くの国際的な「ポルシェ カレラカップ」向けの特注のショックアブソーバーや競技用クラッチについても、ポルシェと共同開発してきた。

今回、ZFのドイツ・ブランデンブルク工場において、8速デュアルクラッチトランスミッションの生産を開始。ZFは同工場に、1億ユーロ以上を投資し、効率に優れるトランスミッションの生産体制を築いてきた。

ZFのシュテファン・ゾンマーCEOは、「4WD車からプラグインハイブリッド車(PHV)まで、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションが、スポーツカーに最高の柔軟性をもたらす」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV