プジョー・シトロエン・ジャポン、半年間でクリーンディーゼル14モデルを投入へ

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会
プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会 全 6 枚 拡大写真
プジョー・シトロエン・ジャポンは7月12日、クリーンディーゼルエンジン搭載車14モデルを半年間で日本市場に投入する計画を明らかにした。

第一弾として同日、プジョーブランドの『308アリュール/308 SW アリュール』、『308 GT/308 SW GT』、『508 GT/508 SW GT』、シトロエン『C4』、DSブランドが『DS4』および『DS4 クロスバック』の9モデルにクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定し、発売した。

プジョー・シトロエン・ジャポンでマーケティング部長を務めるジャン・ミッシェル・オモン氏は同日都内で開いた発表会で「11月後半には『シトロンC4ピカソ』の2リットルディーゼルエンジンモデルが発売開始。12月には『DS5』の2リットルディーゼルを導入。さらに17年1月には『プジョー3008』にもディーゼルモデルが設定される」ことを明らかにした。

発表会でのスライド映像では、新型『シトロン グランド C4ピカソ』にもディーゼルモデルが設定されて11月の発売、また1月発売のプジョーの新型車にもディーゼルが導入されることも示されていた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • PSAグループの各ブランド
  • プジョー、シトロエン、DSオーナー向けの純正アフターパーツ「ユーロレパー(EUROREPAR)」
  • PSAグループとトタルが合弁設立する電動車向けバッテリー開発・製造会社「Automotive Cells Company」の完成予想図
  • ベルランゴのユーティリティ利用の提案
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV