ジャガー ランドローバー、オフロードでの自動運転技術を開発中

自動車 ビジネス 企業動向
ジャガー ランドローバーのオフロード自動運転技術
ジャガー ランドローバーのオフロード自動運転技術 全 3 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガー ランドローバーは7月12日、オフロードでの自動運転技術を開発していると発表した。

もともと、ランドローバーは、優れたオフロード性能に定評ある高級SUVメーカー。また、ジャガーブランドでは、初のSUV『F-PACE』を投入するなど、ジャガー ランドローバーのSUVラインナップは拡大中。悪路に対応した自動運転技術の開発で、競合他社に差をつける。

今回発表されたシステムでは、次世代のセンサー技術を採用。車両の前方5mの路面状況を常にモニターし、路面状況、例えば、舗装路、オフロード、降雪などを検知する。

そして、前方に路面の凹凸や深い水たまりを見つけた場合、車両は自動的に減速して走行。乗員が負傷するリスクを減らし、車両へのダメージを抑える。

ジャガーランドローバーの研究部門のトップ、トニー・ハーパー氏は、「オールテレーンの自動運転の研究開発は、高速道路や険しいオフロードでの自動運転を目指したものではない。あらゆる路面や走行状況において、安全に走行するのが目的」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道 経済部(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 日産 ローグ 新型
  • 第3回 名古屋オートモーティブワールド が10月21日に開幕。会場はポートメッセなごや
  • データ計測システム「RoboDataLogger」標準パッケージ
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV