【エンディング産業展16】オーテック、NV350で葬儀市場の開拓を狙う

自動車 ビジネス 国内マーケット
エンディング産業展2016に出展したオーテックジャパンのブース
エンディング産業展2016に出展したオーテックジャパンのブース 全 1 枚 拡大写真
葬儀に関する設備・機器など集めた展示会「エンディング産業展2016」に昨年に続いて出展したのが、日産自動車の子会社、オーテックジャパンだ。展示した車両は『NV350キャラバン』で、葬儀場の送り迎えの車として使ってもらいたいとのことだ。

NV350は最大14人乗りのマイクロバスで、幼稚園児の送り迎えをはじめ、いろいろ場面で送迎用の車として利用されてきた。それを葬儀の際にも利用してもらおうというわけだ。そのために、少し改良を行っているそうだ。

「葬儀の送迎用となると、どうしても高齢者が多くなるので、乗り降りしやすいように手すりとステップを日産独自で開発してつけました。日産にもこういう車があるんだということを葬儀業界の人に知ってもらいたかった」とオーテックジャパン関係者は話す。

実はこの業界は圧倒的にトヨタ自動車の『ハイエースワゴン』が強く、文字通り独壇場の様相を呈している。個人的な話で恐縮だが、今週遠戚の葬儀に出席するため、送迎車に乗ったが、用意された3台はいずれもハイエースワゴンだった。

オーテックとしてはその牙城を少しでも崩すために、今回もエンディング産業展に出展したわけだが、今後もいろいろな機会を通じて葬儀関係者にNV350キャラバンの良さを訴えていくそうだ。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産ルークス AUTECH
  • セレナ マルチベッド
  • SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT
  • 日産リーフ AUTECH プレミアムパーソナライゼーションプログラム ストーンホワイト
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ