【福祉機器展16】ダイハツ、軽福祉車両フレンドシップシリーズを出展[事前]

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ タント スローパー(参考画像)
ダイハツ タント スローパー(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
ダイハツは、10月12日から14日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「H.C.R..2016(第43回国際福祉機器展)」に、軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」を出展する。

今回の国際福祉機器展では、今年7月末に搭載車両の累計販売台数が100万台を突破した、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載した2台を含む、軽福祉車両7台を出展。出展面積も過去最大へ拡充し、車いす移動車から昇降シート車まで、すべての軽福祉車両ラインナップを展示する。

ダイハツは今後も介護が必要な人、介護をする人の使い勝手を考えた幅広い軽福祉車両を提供することに加え、全国の販売会社が取り組んでいる、福祉車両ユーザーへの対応力を高めた「フレンドシップショップ」を拡充することで、さらにユーザーに近い企業を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ
  • タフトに採用された電動パーキングブレーキ機構付きドラムブレーキ
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ