メルセデスベンツの新型連節バス、シターロG を日本導入

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ シターロG
メルセデスベンツ シターロG 全 2 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)と独エボバス社は10月13日、新型連節バス、メルセデスベンツ『シターロG』右ハンドル仕様の日本での発売を発表した。

日本初公開となるシターロGは、連節ターンテーブルで前後の車両をつなげた連節バスで、全長18m17.5cm、全幅2m55cm、全高3m12cm、最小回転半径は9.6m。1台で大型路線バス2台分の人員輸送を可能にする。

新開発の連節角度制御システムにより、連節バス特有の車両挙動を安定させ、安全運転を支援するほか、欧州排出ガス規制「ユーロVI」をクリアするなど、優れた環境性能も実現している。

同車両は、BRT(バス高速輸送システム)専用車両としても世界中で活躍。日本国内では既に31台のシターロGが2008年より営業運転を行っており、連節バスのリーディングブランドとして認知されている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1シンガポールGP
  • メルセデスベンツ・ビジョン EQ シルバーアロー(フランクフルトモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ eアクトロス
  • メルセデスベンツ Sクラス ベースの最新自動運転プロトタイプ車(フランクフルトモーターショー2019)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/10/14/283539.html/article/2016/10/14/283538.html/article/2016/10/14/283540.html