メルセデス GLCクーペ にPHV、欧州発売…40km/リットル

エコカー EV
メルセデスベンツ GLC 350 e 4 MATICクーペ
メルセデスベンツ GLC 350 e 4 MATICクーペ 全 3 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは10月中旬、『GLCクーペ』のプラグインハイブリッド車(PHV)を、欧州市場で発売した。

GLCクーペのPHVは、グレード名が「GLC 350 e 4 MATICクーペ」を名乗る。欧州向けの『Cクラス』に設定されるPHV、「C350 e」ベースのパワートレインを積む。

PHVパワートレインは、エンジンが2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は211hpを発生する。モーターは、最大出力116hp。システム全体では、57.1kgmのトルクを引き出す。トランスミッションは7速AT の7G-トロニックプラスで、エンジンとモーターの間に配置。動力性能は、0-100km/h加速5.9秒、最高速235km/h。

二次電池は、蓄電容量6.2kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大34kmをゼロエミッション走行できる。その効果もあり、欧州複合モード燃費40km/リットル、CO2排出量59g/kmの優れた環境性能を達成した。

なお、GLC 350 e 4 MATICクーペのドイツでのベース価格は、5万7834ユーロ(約660万円)と公表されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 220d 4マチック ナイトエディション
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス・ベンツ GLC
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ