【新聞ウォッチ】日産 ノート、「e-POWER」でロケットスタート…サニー 以来30年ぶりの快挙

モータースポーツ/エンタメ 出版物
日産ノートe-POWER 《撮影 高木啓》 
日産ノートe-POWER 《撮影 高木啓》  全 1 枚 拡大写真
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年12月7日付

●日本読解力8位に低下、15歳国際学力調査、理数系は向上(読売・1面)

●NHK会長に上田氏、三菱商事副社長、常勤経営委員(読売・1面)

●日産ノート新車首位、11月「サニー」以来30年ぶり(読売・10面)

●エコカー減税対象8割、17年度与党税制大綱判明(読売・11面)

●カジノ法案成立へ、今国会開業は五輪後(毎日・1面)

●燃費2割向上駆動装置開発、トヨタ(毎日・6面)

●KDDI、ビッグローブ買収へ、顧客基盤強化、ニフティとも交渉(産経・10面)

●出光・昭和シェル相互出資、2割前後、合併へ先行(日経・1面)

●世界最大の家電見本市、ホンダ、10年ぶり出展(日経・12面)

●富士重、米国販売最高続く,来期、9年連続稼働率100%超を維持(日経・15面)

●ガソリン・灯油急騰、スポット価格、原油高が波及(日経・18面)


ひとくちコメント

日産自動車が11月2日に発売したばかりの改良新型『ノート』が、11月の車名別の新車販売台数でいきなり首位に躍り出たという。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が発表したもので、新しいハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載したノートは前年同月の2.4倍となる1万5784台。2位のホンダの『N-BOX』を971台、3位のトヨタ自動車の『プリウス』よりも2451台上回った。

日産車が登録車として月間ベースでトップを獲得するのは、派生車を含む自販連の統計では当時、久米豊社長時代の1987年5月の『サニー』以来、実に29年6か月ぶりだそうだ。サニーは大衆車としてトヨタのカローラと首位を競い合った往年の名車だったが、ゴーン政権に入ってから車種の絞り込みで生産を打ち切っている。

このところ、国内の新車販売が低迷しているのに伴い、メディアの新車ランキングの記事も地味な扱いだったが、日産にとっては約30年ぶりの快挙となったことで、きょうの朝日が「日産車、30年ぶり月間首位」と、経済面のトップ記事として報じるなど、各紙もそれなりに取り上げている。

ただ、新車市場が伸び悩むなかで、11月のベストテンを見ても、入れ替わる車種も少なくない。例えば、ホンダは軽自動車のN-BOXが総合2位、9月に発売した新型『フリード』が7位だったが、主力車の『フィット』は10月に次いで圏外となり、総合順位では16位に後退している。

「e-POWER」がそんなにスゴイのか、ロケットスタートを切った新型ノートだが、追い風参考の瞬間風速に終わらずに、ランキングの“航続距離”をどこまで伸ばせるのかも注目したい。

《福田俊之》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  4. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月
  8. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  9. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  10. 水素カローラ出力アップ、タイムも飛躍的向上…スーパー耐久 第5戦
ランキングをもっと見る