ふたご座流星群、天気は? 12月13日夜が見頃 | レスポンス(Response.jp)

ふたご座流星群、天気は? 12月13日夜が見頃

宇宙 科学

天気予報
天気予報 全 3 枚 拡大写真
 ウェザーニューズは、ふたご座流星群が見頃を迎える12月13日夜から14日早朝の天気予報を発表した。全国的に雲が広がるなか、北海道の道東や東北太平洋側、関東の一部、四国・九州の太平洋側、沖縄で観測のチャンスがあるという。

 三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」は、毎年流星が多く出現しており、一晩中楽しめるのが特徴。2016年のピークは12月14日午前9時頃と予想されていることから、放射点が空高く昇る前日13日午後9時以降が観測に適している。ただし、14日は満月のため、放射点の近くに大きな月があり、月明りが邪魔をする。そのため、月から離れた方向の空をなるべく広く見るようにしたほうがよい。

 気になる天気について、12月13日夜から14日早朝は低気圧や前線が通過するため、全国的に雲が広がり、流星観測は難しい天気になりそう。ただし、北海道の道東では、低気圧通過後の天気回復が早ければ観測のチャンスがある。また、東北太平洋側や関東の一部、四国・九州の太平洋側、沖縄でも、雲の隙間を狙って観測のチャンスがあるかもしれない。天気予報は12月12日時点のもので、最新情報は、「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」、またはウェザーニュースのウェブサイト「ふたご座流星群」にて随時更新する。

 ウェザーニューズでは、ふたご座流星群が見頃を迎える13日夜に、24時間生放送のお天気番組「SOLiVE24」の流星特別番組にて、台湾と国内の全7か所から生中継を行う。事前にスマートフォン向けサービス「流星キャッチャー」を登録しておくと、中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届き、どこにいても流星観測を楽しむことができる。

ふたご座流星群が12/13夜見頃、天気は一部でチャンスあり

《工藤めぐみ》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集