京成電鉄、中山~船橋間開業100周年で記念切符 12月30日

鉄道 企業動向
中山~船橋間の開業100周年記念切符のイメージ。硬券6枚セットで専用台紙が付く。
中山~船橋間の開業100周年記念切符のイメージ。硬券6枚セットで専用台紙が付く。 全 2 枚 拡大写真
京成電鉄は12月30日から、本線の京成中山~京成船橋間(千葉県船橋市)の開業100周年にちなんだ記念切符を発売する。発売額は1セット1000円。

発表によると、京成船橋駅から大人190円区間の乗車券など6枚をセットにしたもの。開通当時の写真や路線図などをデザインした専用台紙が付く。東中山駅や京成船橋駅など計20駅で発売される。発売数は2500セット限定。

現在の京成線は、京成上野~成田空港間の本線と、押上~青砥間を結ぶ押上線などの支線で構成されているが、まず1912年11月に押上~伊予田(現在の江戸川)間が開業し、当初は押上をターミナルにして成田方面を目指していた。その後順次延伸され、1916年12月30日には中山(現在の京成中山)~船橋(現在の京成船橋)間が開業している。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/19/287251.html/article/2016/12/19/287250.html/article/2016/12/19/287252.html