京成電鉄、中山~船橋間開業100周年で記念切符 12月30日

鉄道 企業動向
中山~船橋間の開業100周年記念切符のイメージ。硬券6枚セットで専用台紙が付く。
中山~船橋間の開業100周年記念切符のイメージ。硬券6枚セットで専用台紙が付く。 全 2 枚 拡大写真
京成電鉄は12月30日から、本線の京成中山~京成船橋間(千葉県船橋市)の開業100周年にちなんだ記念切符を発売する。発売額は1セット1000円。

発表によると、京成船橋駅から大人190円区間の乗車券など6枚をセットにしたもの。開通当時の写真や路線図などをデザインした専用台紙が付く。東中山駅や京成船橋駅など計20駅で発売される。発売数は2500セット限定。

現在の京成線は、京成上野~成田空港間の本線と、押上~青砥間を結ぶ押上線などの支線で構成されているが、まず1912年11月に押上~伊予田(現在の江戸川)間が開業し、当初は押上をターミナルにして成田方面を目指していた。その後順次延伸され、1916年12月30日には中山(現在の京成中山)~船橋(現在の京成船橋)間が開業している。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 側面には『忍たま乱太郎』に登場する「忍術学園」各学年のイメージカラーに合わせた帯を施し、その上にイメージカラーに合わせた各学年のキャラクターをラッピング。
  • 長良川鉄道では誤って「支払う」ボタンを押してしまった場合「その場で運転士にご相談ください」としている。
  • 京急では平日の朝通勤時間帯の上り普通列車を利用した際にポイントを付与する「KQスタんぽ」を実施。
  • 京成スカイライナー
  • 5年ぶりにリニューアルされる「ポケモンモノレール」のデザイン。
  • 1編成中2両の床下に搭載される新型の軌道検測装置。レール左右の幅や高さの差、長さ方向の左右の歪みや高さの歪み、2点間の水準差を測定。待避線に入った場合や折返し線運転を行なった場合でも位置を自動的に検知し処理できるという。
  • 281系『はるか』の車体イメージを受け継いだ271系電車。
  • 新宿駅西口地上バス乗り場。東西通路の予定地は、写真の右手、正面小田急デパートの右側、京王デパートの左側、オレンジ色の壁面のあたり。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/19/287251.html/article/2016/12/19/287250.html/article/2016/12/19/287252.html