ブロードリーフと米DoubleMe社が業務提携…ホログラフィックVRを自動車分野に活用

自動車 テクノロジー ITS
米DoubleMe社(WEBサイト)
米DoubleMe社(WEBサイト) 全 1 枚 拡大写真
ブロードリーフと米DoubleMe社は12月19日、ホログラフィックVR技術を活用した自動車分野向けサービス開発を目的とした業務提携契約を締結した。

ブロードリーフは日本国内の自動車アフターマーケット事業者向けに業務アプリケーションを提供。カーライフを豊かにするための様々な取り組みや支援を行っている。

一方DoubleMe社は、動いている人物や動物などを撮影し、それをリアルタイムに動的3Dモデルに変換・生成できる独自のスタジオ技術「HoloPortal」を開発、3Dコンテンツ市場向けに提供。例えばMicrosoft社のホログラフィックコンピューター「HoloLens」を用いると現実世界に瞬時に3D化された人物の等身のホログラフィック映像を重ね仮想空間を作り出すことができる。

両社は今後、クルマとヒトの関わりにおけるVR活用の可能性と具体的な事業内容について協議し、ホログラフィックVR技術を活用した自動車分野での新しいサービスの提供を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ