インテル、HEREに出資…自動運転技術の開発で協力

自動車 テクノロジー ITS
「HERE」の高精度3次元地図データ
「HERE」の高精度3次元地図データ 全 1 枚 拡大写真
インテルは1月3日、HERE社に出資すると発表した。HERE社の株式の15%を取得し、自動運転技術の開発において、協力を進めていく。

HEREは、ドイツ・ベルリンに本拠を置く。各種機器やオペレーティングシステムに対して、世界最高レベルの地図と位置情報を提供している。

またHERE は、高精度地図も開発。クラウドサービスと連携した車載システム、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル機器などの幅広いコネクテッドデバイスにおいて、リアルタイムな位置情報体験を可能にしている。

今回、インテルがHERE社の株式の15%を取得するのは、自動運転技術の開発において、協力を進めるのが狙い。HEREを買収したアウディ、BMW、ダイムラー(メルセデスベンツ)のドイツ高級車メーカー3社とも、連携を図っていく。

インテルのブライアン・クルザニッチCEOは、「車は世界で最もインテリジェントかつコネクテッドなデバイスに、急速になりつつある。HEREとの協業に期待している」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インテル本社とウェイモの自動運転テスト車両
  • インテル傘下のモービルアイの新たな位置情報サービスのイメージ
  • インテルのCES2018ブース(参考画像)
  • インテル本社とウェイモの自動運転テスト車両
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/05/287861.html/article/2017/01/05/287860.html/article/2017/01/05/287862.html