GPSのみで誤差数cmの高精度測位…日本無線、自動運転システム向けGNSSチップ開発へ

自動車 テクノロジー ITS
準天頂衛星L6受信とマルチ衛星システム対応をワンチップ化
準天頂衛星L6受信とマルチ衛星システム対応をワンチップ化 全 2 枚 拡大写真
日本無線は1月11日、準天頂衛星L6信号とマルチ衛星システムに対応した自動運転システム向けGNSSチップ(JG11)の開発に着手したと発表した。

JG11は、L6受信とマルチ衛星システムを小型ワンチップに内蔵。通常カーナビで利用するGNSS受信機の測位精度が数メートル単位だったのに対し、2018年4月よりサービス開始予定のL6信号の補強データによる測位を行うことで、センチメータ級の位置精度を可能とする。

測位精度が向上することで、衛星測位だけで自車の走行レーンの判定が可能になり、より精密な車両位置推定の実現をサポート。自動運転システムをはじめ、将来のスマート社会へ向けた幅広い分野での利用が期待される。

JG11は、2018年秋にサンプルリリースを予定。また1月18日から20日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「オートモーティブワールド2017 第9回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展し、開発中のJG11を参考出展する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JM-Watcher II
  • 飛行実証試験のイメージ
  • 定置式ドライビングシミュレーター
  • 自主改善の内容
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ