【CeBIT 2017】物理封印されたタクシーメーターをIoT化する…アフロが出展予定

自動車 テクノロジー ネット
スマートタクシーメーターの原理試作品
スマートタクシーメーターの原理試作品 全 2 枚 拡大写真
株式会社アフロは、タクシーメーターをIoT化した「スマートタクシーメーター」の原理試作に成功し、CeBIT 2017に出展する予定だ。

タクシーメーターは、経産省が指定する「特定計量器」として、料金計算のもととなる料金表ファイルを物理的に封印されている。そのため料金を改定する場合は、相応の実作業コストが発生し、市場動向に合わせた柔軟な料金改定の足かせとなっている。

アフロの増井浩二代表取締役によると「自動運転やライドシェアリングといった市場要因に対応するためにも、タクシーメーターをクラウドと連携したほうが便利です。当社ではこれまで物理的に封印されていたタクシーメーターの料金データを、経産省との協議を経て電子封印という手法によってクラウド化し、原理試作することができました」とのこと。

CeBITへの出展については、タクシーメーターは日本と同じものではないが、同様の課題があるとし、ビジネス開拓の機会として捉えている。

「もともと当社は金融系のネットワークシステムを開発しており、堅牢性やセキュリティを確保するノウハウがあります。タクシーメーター市場には初参入となりますが、この技術で手がかりをつかみたいと思います」

同社では、電子封印の技術を特許申請中とのことだ。

《佐藤耕一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/16/290747.html/article/2017/02/16/290746.html/article/2017/02/16/290748.html