【ミシュラン パイロットスポーツ 4S】「10周走ってもアンダーがでない!」笑みがこぼれるロニー選手

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
SUPER GTでは4回優勝しているロニー クインタレッリ選手
SUPER GTでは4回優勝しているロニー クインタレッリ選手 全 6 枚 拡大写真
日本ミシュランタイヤが4月から発売する「パイロットスポーツ 4S」の発表会(20日)で、スペシャルゲストとしてSUPER GT GT500クラスで活躍しているロニー・クインタレッリ選手が登場した。ロニー選手は、2017年ニスモから「GT-R」で参戦が決まっている。

パイロットスポーツ 4Sは、ヨーロッパではすでに市場投入されているが、その市場投入に合わせて、アメリカ パームスプリングスで開催された試乗会には、ロニー選手も参加したといい、新しいタイヤについてインプレッションなどを語った。

試乗会では、国立公園やサーキットをパイロットスポーツ 4Sを装着したスーパーカーで試走するというもの。ロニー選手の感想は、「国立公園では景色を眺めながらのドライブを楽しんだが、サーキットでは全開走行で10周ほど回ってみた。驚いたのは、通常のスポーツタイヤだと、3周か4周くらいでフロントのグリップが落ちてくるのだが、このタイヤは10周すべてフルプッシュで楽しめた。タイムも後半ほど上がってくるほどで、バランスの良さに感動した」とのことだ。

そのときの車載カメラの動画も紹介されたが、ロニー選手は競技中では見せないような笑顔だった。なんでこんな笑顔になったのかを聞いたところ「フルプッシュのサーキット走行で、アンダーステアが全然でないバランスの良さと、100-0km/hのブレーキングテストでの制動力の良さ」で、思わず笑顔になったそうだ。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV