高速船「ナッチャンWorld」、横浜港に7年ぶり寄港で一般公開も実施

船舶 エンタメ・イベント
7年ぶりに横浜へ寄港した高速船「ナッチャンWorld」、一般公開も実施される。
7年ぶりに横浜へ寄港した高速船「ナッチャンWorld」、一般公開も実施される。 全 5 枚 拡大写真
高速マリン・トランスポートは2月28日と3月1日、横浜港・大さん橋 国際客船ターミナルで、PFI事業船舶として使用している高速船「ナッチャンWorld」の公開を行う。

ナッチャンWorldは青函航路に使用されていた高速カーフェリー。その積載能力を活用し、現在はPFI(Private Finance Initiative)事業船舶として防衛省が戦車や装甲車などの車両を輸送する際に使用している。

横浜港に同船が寄港するのは7年ぶり3回目となる。今回は船内も公開され、一般の方も見学することが可能となっている。公開時間は2月28日が午後1時から4時。3月1日が午前10時から午後2時30分となっている。入場料は無料だ。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市川パーキングエリア(イメージ)
  • SUPER GT 最終戦、F-2戦闘機の歓迎フライト
  • F2-B戦闘機
  • 防衛省の浄水車
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ