米トヨタ、燃料電池の大型商用トラックの実証実験…MIRAI のFCスタック2基搭載

エコカー EV
トヨタの燃料電池の大型商用トラック
トヨタの燃料電池の大型商用トラック 全 3 枚 拡大写真
北米トヨタは4月19日、2017年夏から米国カリフォルニア州ロサンゼルス港において、燃料電池システムを搭載した大型商用トラックの実証実験を行うと発表した。

実証実験で使用する燃料電池の大型商用トラックは、『MIRAI』のFCスタック2基と12kWhの駆動用バッテリーを搭載。約680hpの最大出力と、約183.5kgmの最大トルクを引き出す。

積荷を含めて、総重量約36トンでの走行が可能。通常運行での推定航続可能距離は、水素満充填時でおよそ320kmを想定する。

米国のロングビーチ港やロサンゼルス港は大気汚染物質の削減に取り組んできた。しかし、今でも大気汚染物質の多くは大型商用トラックから排出されているなど、課題はある。

北米トヨタのボブ・カーター副社長は、「CO2を排出しないトラックがもたらす社会的メリットの実証に携われることをうれしく思う」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ カローラ 新型(ハイブリッド)
  • スバル インプレッサ WRC (2007年)
  • トヨタ C-HR S GRスポーツ(ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/04/20/293748.html/article/2017/04/20/293747.html/article/2017/04/20/293749.html