飯田線の全線再開4月24日以降に…代行バスは一部駅を通過 | レスポンス(Response.jp)

飯田線の全線再開4月24日以降に…代行バスは一部駅を通過

鉄道 企業動向

4月18日の大雨の影響で一部不通になっている飯田線について、JR東海は4月23日までの運転計画をまとめた。土砂が流入した区間を含む三河川合(愛知県新城市)~中部天竜(浜松市天竜区)間は終日運休し、それ以外の区間も一部の列車が運休する。再開は4月24日以降の見込み。

4月21日13時30分時点の計画によると、豊橋~飯田間の特急『ワイドビュー伊那路』は上下4本が全て運休。普通列車は豊橋~三河川合間で三河川合発5時52分・8時15分の2本と豊橋18時49分発の列車が運休する。

土砂が流入した早瀬~下川合間を含む三河川合~中部天竜間では、代行バスが運行されている。運行本数は下り9本・上り10本。途中駅は東栄駅と浦川駅のみ停車し、池場・出馬・上市場・早瀬・下川合各駅は通過する。中部天竜~辰野間は、水窪5時48分発の普通列車が運休する。

JR東海は「現在、復旧作業を行っておりますが、複数の大きな岩を取り除く作業に時間を要するため、運転再開は早くとも4月24日以降となる見込みです」としている。

《草町義和》

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集