【上海モーターショー2017】BYD、電動SUV「王朝」発表…元アウディのデザイントップを起用 | レスポンス(Response.jp)

【上海モーターショー2017】BYD、電動SUV「王朝」発表…元アウディのデザイントップを起用

自動車 ニューモデル モーターショー

BYD ダイナスティ(中国名:王朝  上海モーターショー2017)
BYD ダイナスティ(中国名:王朝 上海モーターショー2017) 全 6 枚 拡大写真
世界有数の電池メーカーで、自動車事業も展開する中国のBYDグループは4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2017において、コンセプトカーの『ダイナスティ』(中国名:『王朝』)をワールドプレミアした。

同車は、BYDの新たなデザインの方向性を提示したコンセプトカー。BYDのデザイン部門のトップには2016年、ヴォルフガング・エッガー氏が就任した。ダイナスティは、同氏がBYDで手がけた初のコンセプトカーとなる。

なお、ヴォルフガング・エッガー氏は、元アウディのチーフデザイナー。それ以前には、アルファロメオに所属し、『8Cコンペティツィオーネ』のデザインを担当したことで知られる。

ダイナスティは、電動パワートレインを搭載したEV。フロントの力強いデザインが特徴だ。ヴォルフガング・エッガー氏は、「このコンセプトカーが、BYDブランド車を新たな方向へ導くだろう」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集