BMWモトラッド、ETC全車標準装備へ…二輪車メーカーとして日本初

モーターサイクル 企業動向
BMWモトラッドの全車種に対応するミツバサンコーワのETC2.0車載器
BMWモトラッドの全車種に対応するミツバサンコーワのETC2.0車載器 全 1 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、9月1日以降出荷分の全二輪車モデルに、ETC車載器を標準装備すると発表した。ETCの全車標準装備は、二輪車メーカーとして日本初の試みとなる。

BMWモトラッドに搭載されるのは最新のETC 2.0。次世代ETCサービスとして、料金収受や渋滞回避、安全運転支援等の情報提供サービスが可能となる。車載器はアンテナ一体型タイプで、車両のスタイリングを損なうこともない。またETC 2.0の情報専用LEDインジケーターも付いており、高速道路上の緊急情報や注意警戒情報をインジケーターの点滅で通知する。

BMWモトラッドは、全モデルにETC車載器を標準装備とすることで、利便性向上と、快適なライディングをサポート。さらに将来の交通状況の発展に寄与するとともに、業界に先駆けて機能改善を図っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/01/299233.html/article/2017/09/01/299232.html/article/2017/09/01/299234.html