メルセデス、米ベロダインのセンサーを採用…完全自動運転車開発へ

自動車 テクノロジー ITS
メルセデスベンツの自動運転テスト車両に装着されたベロダイン社のLiDARセンサー
メルセデスベンツの自動運転テスト車両に装着されたベロダイン社のLiDARセンサー 全 1 枚 拡大写真
米国に本拠を置くベロダインLiDAR社は9月12日、メルセデスベンツから完全自動運転車の開発のためのセンサーを受注した、と発表した。

ベロダインLiDAR社は1983年に設立。米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサー、「LiDAR」などを手がける。2005年には、世界初の3DリアルタイムLiDARセンサーを発明して、特許を取得。自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。

今回、メルセデスベンツは、完全自動運転車の開発を進めるにあたり、重要サプライヤーとしてベロダインLiDAR社を選定。同社はメルセデスベンツに、「VLP-32C Ultra Puck」センサーを納入していく。

メルセデスベンツは自動運転を実現するために、異なる複数のセンサーを統合したシステムを開発中。これに、ベロダインLiDARのセンサーが含まれるようになる。各種センサーのデータを組み合わせた状況分析を継続的に行う予定。自動運転車が、安全な軌道を確実に走行できるようにすることを目指す。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツのドイツ・ブレーメン工場の900万目の生産車両としてラインオフしたEQC
  • メルセデスベンツ GLA 新型(GLA200d 4MATIC)
  • メルセデスベンツの次世代燃料電池トラックコンセプト、GenH2トラック
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ