【東京モーターショー2017】会場でしか見られない、オンライン専売車を展示するスマート

自動車 ニューモデル モーターショー
自動運転のコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」を展示するスマートだが…。
自動運転のコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」を展示するスマートだが…。 全 6 枚 拡大写真
スマートはメルセデスベンツとブースを共用しており、右側の一角にスマートの展示スペースが設けられている。クルマ自体が小さいこともあり、非常にコンパクトな印象を受ける。

今回の東京モーターショーで、メルセデスベンツはインターネット経由で車両をオンライン販売する「Mercedes-Benz Online Store」の開設を発表しており、ブース内に展示されている『smart BRABUS forfour canvas-top limited』と、『smart forfour turbo crosstown limited』はその対象となるモデルだ。

この2モデルについてはオンライン販売専用車となり、通常はディーラーの店頭で展示されることがない。販売モデルでありながら、東京モーターショーの会場でしか見ることができないという。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アンソニー・ロー氏(ルノー)
  • 日本自動車工業会 豊田章男 会長
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • アルピナ BMW ALPINA XD4 Allrad
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ