男鹿線蓄電池電車の新ヘッドマークを募集…12月下旬から掲出

鉄道 エンタメ・イベント
ヘッドマークは塩化ビニール製樹脂フィルムで製作され、車体前面に掲出。直径は650mm。応募用のフォーマットはJR東日本秋田支社のウェブサイトからダウンロードできる。
ヘッドマークは塩化ビニール製樹脂フィルムで製作され、車体前面に掲出。直径は650mm。応募用のフォーマットはJR東日本秋田支社のウェブサイトからダウンロードできる。 全 1 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は、秋田県の秋田駅(秋田市)~男鹿駅(男鹿市)間で運行されている交流蓄電池電車EV-E801系「ACCUM」のヘッドマークデザインを募集している。

EV-E801系は、奥羽本線秋田駅~追分駅(秋田市)間の電化区間では架線からの電力供給で、男鹿線追分駅~男鹿駅間の非電化区間では電化区間で蓄電池に蓄えた電力で走行する車両。3月4日から運行を開始したが、当初のヘッドマークは車体貼付式だった。

今回は、男鹿線沿線の活性化とイメージ向上を図るため、ヘッドマークが正式に製作されることになり、一般公募される運びとなった。12月下旬から2作品を掲出する予定。

作品は、12月3日までジェイアール東日本企画秋田支店「ACCUMヘッドマークデザイン募集」事務局で、メールまたは郵送で受け付けている。郵送の場合は当日消印有効。採用作品は12月中旬頃に発表される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。

ピックアップ