男鹿線蓄電池電車の新ヘッドマークを募集…12月下旬から掲出

鉄道 エンタメ・イベント
ヘッドマークは塩化ビニール製樹脂フィルムで製作され、車体前面に掲出。直径は650mm。応募用のフォーマットはJR東日本秋田支社のウェブサイトからダウンロードできる。
ヘッドマークは塩化ビニール製樹脂フィルムで製作され、車体前面に掲出。直径は650mm。応募用のフォーマットはJR東日本秋田支社のウェブサイトからダウンロードできる。 全 1 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は、秋田県の秋田駅(秋田市)~男鹿駅(男鹿市)間で運行されている交流蓄電池電車EV-E801系「ACCUM」のヘッドマークデザインを募集している。

EV-E801系は、奥羽本線秋田駅~追分駅(秋田市)間の電化区間では架線からの電力供給で、男鹿線追分駅~男鹿駅間の非電化区間では電化区間で蓄電池に蓄えた電力で走行する車両。3月4日から運行を開始したが、当初のヘッドマークは車体貼付式だった。

今回は、男鹿線沿線の活性化とイメージ向上を図るため、ヘッドマークが正式に製作されることになり、一般公募される運びとなった。12月下旬から2作品を掲出する予定。

作品は、12月3日までジェイアール東日本企画秋田支店「ACCUMヘッドマークデザイン募集」事務局で、メールまたは郵送で受け付けている。郵送の場合は当日消印有効。採用作品は12月中旬頃に発表される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV