レクサス LS 新型、発売1か月で約9500台を受注---目標の15倍以上

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス LS500h F SPORT
レクサス LS500h F SPORT 全 4 枚 拡大写真
トヨタは、11月20日、レクサス新型『LS』の受注台数が発売日である10月19日から11月19日までの1か月で月販目標台数の15倍以上となる約9500台に達したと発表した。

受注台数のパワートレイン別での内訳は、ハイブリッドモデルの「LS500h」が約6800台、ガソリンエンジンモデルの「LS500」が約2700台となる。

主な好評点として、6ライトキャビンデザインを採用したクーペシルエットや、運転に集中できるコクピットと、日本の美意識を基に、深みのあるエレガントな仕立てを実現したくつろぎの車内空間があげられる。また、静粛性と快適性を継承しながら、エモーショナルな走りを追求した操舵応答性、操縦安定性、気持ちの良い運転操作のリズムも好評だ。さらに、予防安全技術や、高度運転支援技術「Lexus CoDrive」をパッケージ化し、大型ヘッドアップディスプレイなどにより、直感的にわかりやすく支援状況を通知する「Lexus Safety System + A」の搭載なども挙げられる。

《平川 亮》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LS
  • トヨタ・ノア(2014年)
  • レクサス LS500h バージョンL(マンガンラスター)
  • ダンロップ SP SPORT MAXX 050 DSST CTT
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ