名取鉄平、SRS-Fスカラシップを獲得…「F4でタイトルを狙いたい」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
名取鉄平
名取鉄平 全 3 枚 拡大写真
鈴鹿サーキットは11月15日、「SRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ)」の最終選考会を国際レーシングコースで実施し、選考の結果、2017年度のスカラシップ(奨学制度)獲得者を名取鉄平に決定した。

SRS-Fは、世界に通用するレーシングドライバーを育成するためのプロジェクトとして1995年にスタート。以来、F1などの海外トップレースで活躍できるレーシングドライバーを数多く輩出している。今年度のSRS-Fスカラシップ獲得者は、ホンダの育成ドライバープログラム「HFDP」(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)の一員として、2018年度のFIA-F4シリーズへの参戦が予定されている。

名取は山梨県出身の17歳。「スカラシップ獲得まで他の人より時間がかかってしまったが、今年獲得できてひと安心。家族や関係者に感謝したい。課題をシーズン開幕までには改善し、経験のあるFIA-F4でタイトルを狙いたい」と抱負を語った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ グランドファイナル
  • 国歌独唱『04 Limited Sazabys』(右から2人目がGEN氏)
  • 鈴鹿サーキット(参考画像)
  • 2018 FIA WTCR Race of Japan レースシーン
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/11/21/302765.html/article/2017/11/21/302764.html/article/2017/11/21/302766.html