ウーバーとマヒンドラ、インドでのEV事業で戦略的提携…EVでライドシェア

エコカー EV
インドにおけるEV事業で提携したマヒンドラとウーバー
インドにおけるEV事業で提携したマヒンドラとウーバー 全 1 枚 拡大写真
米国のライドシェア最大手のウーバーとインドの自動車大手のマヒンドラは11月24日、インドにおけるEV事業で戦略的提携を結ぶと発表した。

今回の両社の提携では、マヒンドラの市販EVで小型ハッチバックの『e2oPlus』や小型セダンの『eVerito』などを、ウーバーのドライバーに割安な価格で販売。第一段階として、ニューデリーとハイデラバードにおいて、数百台のEVを販売。順次、他の都市でもウーバーのドライバー向けにEVを販売し、インドでのEV普及を促進する。

またマヒンドラは、ウーバーのドライバーがEVを購入する際に、低金利の自動車ローンを用意。自動車保険やメンテナンスなどのサービスもラインナップする。

さらにマヒンドラは、ウーバーのドライバーに対して、EVについての教育や研修などを行う予定。ウーバーのEVドライバーから得られたデータを、充電ステーションを設置する際に役立てることも計画している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ウーバーが都内でタクシー配車サービスを開始
  • 日産 リーフ(欧州仕様)
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • 配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸(写真はシンガポール)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ