新明和、10トン車級ダンプトラックの新モデル発売…大量輸送ニーズに貢献

自動車 ビジネス 国内マーケット
テレスコ式リヤダンプトラック
テレスコ式リヤダンプトラック 全 1 枚 拡大写真
新明和工業は、10トン車級ダンプトラックに新たに高積載モデルを追加し、12月7日に発売、ラインアップの強化を図った。

新モデルは、新開発の3段伸縮テレスコピックシリンダを採用したテレスコ式ダンプ機構と、耐摩耗鋼板を用いて荷落ち・強度・デザイン性をマッチさせたハーフパイプボデー形状の採用により、架装物の軽量化に成功。床板6mm、その他煽りパネル4mmの板厚でも、従来モデルでは困難な最大積載量10トン以上での登録が可能となり、さらなる大量輸送に貢献できるようになった。

また新形状のハーフパイプボデーは、従来モデルと比べ、200mm以上の低床化に成功し、走行安定性を向上。安全棒や自重計など、従来モデル同様の充実装備のほか、低床化を図りつつも300リットルクラスの燃料タンク仕様にも対応可能なスペースを確保した。

価格(標準仕様・除くシャシ代金)は478万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • G-RX(2トン車級)の新モデル
  • バックアイカメラ画像の検出エリアに入った人物の頭部周辺、または装着した指定色を検出・追跡
  • 機械式駐車場における自動運転車両の駐車実証実験
  • 新明和工業による改善箇所説明図
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/12/08/303515.html/article/2017/12/08/303514.html/article/2017/12/08/303516.html