高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修 肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正

鉄道 企業動向
2018年3月改正では、通勤・通学時間帯を中心に、増発や運行間隔の調整、編成増強が行なわれる肥薩おれんじ鉄道。
2018年3月改正では、通勤・通学時間帯を中心に、増発や運行間隔の調整、編成増強が行なわれる肥薩おれんじ鉄道。 全 1 枚 拡大写真
八代(やつしろ)駅(熊本県八代市)と川内(せんだい)駅(鹿児島県薩摩川内市)を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は12月26日、ダイヤ改正を2018年3月17日に実施すると発表した。同日に実施されるJR九州のダイヤ改正に合わせたもの。

この改正では、通勤・通学時間帯を中心に利便性の向上が図られる。このうち、朝時間帯では、6時台に八代発の下り列車を設定。夕時間帯では、18時台に設定されている川内発の上り列車2本のうち1本を19時台に繰り下げ、運行間隔を調整するほか、下り列車の出水(いずみ)駅(鹿児島県出水市)での停車時間を平均21分から7分に短縮する。

また、利用が多い八代19時台発の下り列車を1両から2両に増強、代わりに17時台発の下り列車を2両から1両に減車する。

一方、車内で、九州西海岸沿線の旬の食材を使った食事を楽しめる、動くレストラン『おれんじ食堂』では、新八代10時8分発2便の川内着時刻を繰り下げ、川内駅における九州新幹線への乗継ぎ時間を短縮する。

この2便では、2018年3月16日から1年間限定で、東京(南青山・山王)や福岡で高級フレンチレストランを展開している「ラ・ロシェル」の店主で、出水市出身の坂井宏行氏が監修する食事が提供される。

なお、2018年度からは1・4便で料理内容が見直され、出水7時55分発1便のプレミアムモーニングが9500円から4000円に、出水16時40分発4便のディナーが1万8000円から1万3000円に値下げとなる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2015年3月の開業以来、1日平均の利用者数は1万1000人台を推移しているえちごトキめき鉄道だが、当初の方針どおり、開業から6年目となる2020年4月に運賃改定に踏み切ることになった。写真は「日本海ひすいライン」のET122形。
  • 今年が最後となるイギリス向け「Class800」の陸送見学。
  • 延伸区間の浦添前田駅付近を行く試運転列車。2019年4月。
  • 2012年に秋田県内で運行されたSL列車。
  • 2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 4号車
  • QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。
  • 旧北リアス線区間では太平洋から昇る朝日を拝める『さんりくあさかぜ号』。写真は旧北リアス線の列車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/12/27/304225.html/article/2017/12/27/304224.html/article/2017/12/27/304226.html